2018年03月11日

おしゃれさと安全性を求めて出来る事。『身に付ける物 編』

今回は、続々と入荷している「身に付ける物」一部を取り上げたいと思います。

15年前のNAPSジャケットコーナーは、
上着(ジャケットなど)8割強、パンツ(ズボン)2割弱程度。

現在では、
上着6割、パンツ4割と比率が変化しております。

そんな中でも、年々進化している各メーカーのライディングパンツ
RSタイチ製は立体裁断と生地の柔軟性を活かし柔らかく
スマートに仕上がっております。
しかもプロテクター付きを販売しているモデルもある所が◎。(^^♪
裏地は、さらさらで夏でも肌に不快になりにくい生地です◎。(^^♪
image.jpg
安全のためのリフレクターが付いてます。
夜間走行時にピカピカと反射し、存在を後続車にアピールします。
IMG_1603.JPG
プロテクター入ってますよ\(~o~)/
IMG_1602.JPG

カモの中に「TAICHI」が!!\(◎o◎)/!
IMG_1604.JPG
写真UPのパンツは、
タイチrs.png
これからの春に向けての着こなしが楽しみになりますね。

rsタイチ01.png

当店2F正面右手RSタイチコーナーです。
DSC_0379.JPG

DSC_0384.JPG

DSC_0381.JPG

DSC_0383.JPG
今日は、RSタイチのパンツを取り上げて当ててみました。( ..)φメモメモ
では、又 次回もお楽しみに!!


posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 20:17| 神奈川 ☀| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

『コンスタントライジングレートってなに?』

VFR1200F DCT カスタム報告です。(^O^)/
DSC_0252.JPG
今回取り付けパーツは、
Hyperpro社
フロントフォークスプリング『コンスタントライジングレート』と
 SKF フォークシールです。

DSC_0139.JPG
DSC_0140.JPG
特徴は不等ピッチスプリング。 
サスペンションの動きに追従してバネレートが常に変化。
柔らかすぎず、硬すぎない状態を維持し、
高負荷のコーナリングや急ブレーキ時も踏ん張る力を持ちます。

実際の体感では、 
1.ギャップ通過がソフトになりました。特にも戻りが良い
2.ブレーキング後のフォークのはねっ返りがなめらか!!\(◎o◎)/!
3.コーナー手前のブレーキング時におけるキャスタの変化がやさしい。
4.共振? 振動が少ない?!
5.気がついたらフルストロークしている(徐々にバネレートプリロードが上がる特性が良し!!)
6.抵抗の無いSKFシールが初期の動きに一役勝っている。

(更にカスタムは、終わらない!!)

ステッカーを張る為に台座を制作します。
IMG_1584.JPG
切り出し
IMG_1583.JPG
フロントフォークにつくように曲げます。
ソケットプレス!!<(`^´)>
IMG_1585.JPG
ブラック塗装して貼り完成。
IMG_1586.JPG
いざ!! 取り付け
DSC_0338.JPG
SKFの
56Racing でストロークセンサー
そして HYPERPROステッカー!! 
快適通勤マシーンに!!なりましたね。

では、次回もお楽しみに!! 
DSC_0156.JPG
夜の月明かりが良かったので パシャリ(^^♪


posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 08:00| 神奈川 ☁| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

CB1300SB 国内仕様をフルパワー仕様に!!

HONDAモーターサイクル継続生産車、根強い人気車
「CB1300シリーズ」  SB/SF/ST
2014年モデルからは6速化し、高速巡行がとっても楽になりましたね。
DSC_0166.JPG
今回のカスタムは、2016年モデルをフルパワー化するお話になります。
まず始めに国内仕様と輸出仕様と何処が違うのか?!
1.エアーファンネル
2.ECUデータ―(速度リミッター/中間域の点火時期)
3.マフラーのサイレンサー隔壁?(使用地により)
4.エアインテークダクトフラップ隔壁(使用地により)

画像をもとに解説
ファンネルサイズ
輸出は、直径38mm位でスロットルボディーと同径サイズになります。
国内は、直径20mm位です。
DSC_0092.JPG

エアーダクトは、カスタムマフラーやオーナー様の乗り方などを相談し
(ECU基準プログラムも小変更致します。MOTO JP様)
IMG_1506.JPG
こんな感じになります。
IMG_1507.JPG
上半身バラバラですね。
DSC_0090.JPGDSC_0089.JPG
CB1300SBスロットルファンネル交換は、リアカウルから分解し
スロットルASSYまで、ばらします。作業時間は、約5~6時間位になります。
(当店では、預かり作業で要相談になります。)

追加メニューでカーボンクリーン施工のご依頼も頂きました。(^^♪
燃料ラインを繋ぐとなんだかバイクの手術みたいな格好に(・へ・) 
「がんばれ!!CB1300SB」
DSC_0125.JPG

今回のシャシダイ風景
DSC_0128.JPG
測定環境は、
ノーマルは、3速(速度リミッターが作動するため)
カスタムは、4速  (近い比較のために4速にしています。)
3速トルクと4速トルクを比較しても、プログラムとマフラーの相性が良かったと思います。
IMG_1577.JPG
速度リミッターは、180km/h→245km/h。
ノーマルは、4速
6速だとエンジン回転が先に設定リミットになりましたが235KM/h
(4メーターとシャシダイでは、速度誤差によりメーターは、190KM/Hです。)
(6速メーターとシャシダイでは、速度誤差によりメーターは、245KM/Hです。)
IMG_1578.JPG
ECUプログラムの内容は???
燃料増減変更
点火時期変更
速度リミットの変更
エンブレ時車両ピッチイングの特性変更

このグラフは、3速4速比較を「横軸 速度」にしました。
IMG_1579.JPG

測定環境は、室温 25度 気圧1000hpa 湿度 20%  
平均エンジン水温 90℃ 

2500回転〜スロットル全開になります。(^O^)/ 

では、次回もお楽しみに!!   









続きをよむ↓
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 19:55| 神奈川 ☀| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

桜シーズンスタートしましたね !! 続々入荷 2018モデルジャケット!!

店内に桜開花しました。
DSC_0106.JPG
神奈川では、ちらほら桜が咲き始め春の訪れを感じさせております。
日本全国では、まだ冬景色も沢山あり 
積雪に悩まされている方々もいらっしゃる事と存じます。

私も北海道に住んでおりましたので 
本土の桜開花情報を見ると「え・・」と色々な感情(メガティブ&ポジティプ)が
湧き上がっておりました。
かれこれ10年以上の月日を関東で過ごしていると
心が窶れ他の庭が良く見てしまうのも現実。
今では、雪の景色/環境もとっても懐かしく恋しくなりますね。
普段 何気なしに送っている生活は、とっても刺激的な一時だったと・・・
(住めば都・・・・・なるほどなっと(^。^))

皆さんは、これからやってくる桜シーズンをどう感じ
そして
どの様に過ごしますでしょうか? 

では、当店のディスプレイ制作の風景をご紹介します。
店頭ディスプレイを担当者こと「ミキティー」気持ちを込めて制作しています。
DSC_0103.JPG
ヘルメットをかぶせるか否か悩んでいる様子です。
DSC_0104.JPG
完成したマネキンは、立体感あるスタイルへ
DSC_0099.JPG
展示のコンセプトをボードに書くのかな?!(?_?)
DSC_0098.JPG
そして先に春を感じる『super4』 
DSC_0097.JPG

さあ 来月からは、本格的に始まるバイクシーズン3月です。
2018年ジャケットも続々入荷しております。





続きをよむ↓
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 20:56| 神奈川 ☀| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

「VFR1200F DCT」国内仕様をフルパワー仕様に!! 

VFR1200F 輸出仕様のエキゾーストパイプを入手しまので、取り付け画像を公開します。
VFR1200F 国内の方には、素敵な情報?!かもしれませんよ(^^♪

HONDAが作る国内/輸出仕様は、ここまで変えているのがすごいぜ!HONDA!!

ご覧ください!
「国内最強のVFR1200F DCT制作記録」を!!!

さあ 分解だ。
外装から始まりタンク
ステップ
マフラーヒートシンク
マフラーの順にバラバラに 
IMG_0359.JPG

こんな感じになります。
IMG_0354.JPG

IMG_0356.JPG

これが国内仕様、エキパイが細いです。↓
パイプサイズは、22mm。250cc4気筒バイクのエキパイなみ
IMG_0364-ad0f7.JPG


輸出仕様は、こんな感じです。 ↓
等調エキパイに近づいている。
ハイプ径が太くなります。30mmは、確実にあります。
IMG_0363.JPG

比較するとわかりやすいです。
高回転時の排気がスムーズになりパワーアップが可能です。
(国内仕様だと7000rpmからパワー感を感じませんからね~(?_?))
IMG_0365.JPG

フロントパンクは、ウォーターラインが違うので、取り回しを変更です。
※同時にLLC交換が必要になります。
太くてカッコイイ!!
IMG_0369-91e3e.JPG

国内仕様がコチラ↓ エンジンサイズと比較しても細いですね。
IMG_0358.JPG

インテークは、エアクリーナーダクトとファンネルを交換します。
ECUは、「MOTOJP」にてプログラム変更します。
VFR1200FタイプSになる様なHONDA車的で、特性の味付けにしました。

以前のVFR1200のネタは、コチラ


つぎは、結果のパワーチェックをしてプログラムを煮詰めてと・・・・(^^♪

国内最強のVFR1200F DCTをつくるぞ!!
(軍資金が足りないけど・・・・・・・((+_+))
DSC_0043-188e1.JPG
これが現在の仕様です。 
IMG_0358.JPGIMG_0358.JPGIMG_0358.JPGIMG_0358.JPG
ラベル:HONDA VFR1200F ECU motojp DCT
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 15:55| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする
※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

<ナップスからのお知らせ>

バイク用ETC の取り付けは、バイクならではの事例を多く持ち、使用中の安全性を重視した取り付けを行うナップスへ!