2019年06月09日

魅せてもらおうか! GSX250Rサイレンサー交換後の性能とやらを!! 

NAPSベイサイド幸浦店の設備は、※パワーチェックすることができる。(^^)/

今回は、GSX250R マフラー交換!!
ノーマルサイレンサーと社外サイレンサーで現行のバイクは、
どのように変化するのか検証。
※できない車両もございますが・・・・・詳しくは、店頭ポスターにコメントを書いております。

ノーマルサイレンサー数値
20.6HP-8490RPM
19Nm-6700RPM
IMG_1536.jpg

IMG_1538.jpg

カスタムサイレンサー Slip-On R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC
数値
22.3HP-8340RPM
20.9Nm-6837RPM
IMG_1540.jpg

IMG_1541.jpg

グラフで比較するとこんな感じです。
IMG_4108.JPG
では、乗り味は、
レスポンスが鋭くなり、シフトアップするたびに伸びる加速感。気持ちいい―!!
音質も増し迫力を増しました。
一番の魅力は、見た目です。 スズキスポーツマシン(風)かっこいい! !(^^)!
IMG_1544.jpg

IMG_1547.jpg

フェンダーレスもつけてより素敵に!! 仕上がりました。
IMG_1545.jpg
体感パーツの取り付けは、オーナーもワクワクしますが 幸浦店ピットSTAFFもワクワクしてます。(*^^)v
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 19:39| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

カラーコーディネートが出来る時代に「BMW S1000R」見ごたえある画像28枚!!

皆さんは、知っていましたか(?_?)
2018年以降の新車車種は、ABSモデルが当然になっていることを
(※小排気量除く)
ここ最近では、ブレーキホースも配管式が当たり前になり、ゴムホースの部位が
ホース全体の6割くらいになっています。・・・・・(?_?)
ABS配管の全体比率の話であって
実際には、ゴムホース部位もしっかり存在します。
実際に見てる大半は、ゴムホースだったり

幸浦店(私は)2009年からABSモデルのブレーキ回りのカスタムを
行っていました。
HONDA車に苦戦したこともありますが・・・・
更に、外車でもできるツールを手に入れて
ABSポンプを自動に動かしエア抜きも可能になりました(^^)/

今回の、メニューは、
ブレンボキャリパー&
コルサコルタマスターの取付です。

ハードレッドアルマイトにキャンデーフェニックスブルーにしました。
学生時代に身に着けたプラモデル塗装テクニックご披露!!(@^^)/~~~)
実はこのテクニックがCR-1コーティングにも役立っています。
(MYエアーブラシ持参しました。)
IMG_3912.JPG

コルサコルタに赤いカップです。
IMG_4071.JPG

車両は、S1000R ABS 
(ほとんどフルメッシュのブレーキラインですが交換だ!(^^)!)
実際の作業は、「どこまで分解しているの?」と気になるのでは、
(ABSモデルは、今までのとは全然違う工程を行うため時間がかかります。)

ここからは、写真解説になります。
外装をほぼ全部外します。
IMG_4063.JPG

ブレーキラインの確認です。
全然見えません。( ゚Д゚)
IMG_4068.JPG

本体は、シート下にありますがホースが・・・・
IMG_4065.JPG

ステム下から分岐してキャリパーに行きます。
IMG_4067.JPG

IMG_4066.JPG

上部を更に分解してホースを発掘します。
IMG_4069.JPG

ここに密かに隠れていました。
IMG_4064.JPG

ホースを取り外しパーツをつけていきます。
IMG_4070.JPG

今回の素敵なホースは、これだ
IMG_4072.JPG
すべて採寸してオーダーしています。
これが一番大変です。何度も取り回しを確認し長さを決めます。

IMG_3972.JPG
本体からは、こんな感じです。

IMG_4074.JPG
赤と青だったら生きている感アップだったろうに( `ー´)ノ
並行につけるのもカッコいい

IMG_4073.JPG

フォーク前まわしが旬!!
ノーズダイブした距離も考慮してアーチを考えました。
IMG_4076.JPGIMG_4075.JPG
マスターに立ち上がっていきます。
ホースにたわみの癖をつけて綺麗なアーチラインをつけます。

IMG_4077.JPG
ここからは、ばらしたパーツを組み付けて 
ECUにエラー信号を出ないようにします。

ブレーキのエア抜き開始です。
カプラーに診断機を取付
IMG_4078.JPG

バッテリーもフル充電後 電圧を管理します。
IMG_4079.JPG

IMG_4080.JPG

ハイテクだーーーー!!
(4輪の作業経験が生きるね〜(^^♪)
IMG_4082.JPG

レポートまで出ますよ。
IMG_4081.JPG

IMG_4084.JPG

IMG_4030.JPG

テスト試乗して完成です。実は、これが一番緊張します(; ・`д・´)
エラーが出ないか? きちんと作動するか? 
IMG_4083.JPG
趣味がバイクと思われてしまうSTAFF集まりが
NAPSベイサイド幸浦店ピットです。

いつもお時間を頂いているお客様方々には、感謝!! m(_ _)m  
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 19:35| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

高性能バイクを求めて!! CB1300SBの可能性。

今日は、冬に作業を行った SC54 エンジンチューニングのネタをご紹介します。

2010年モデル
IMG_3721.JPG
エンジンメニューは、
腰下
クランクナイフエッチ加工 (バランス比率考慮)
ダイナミックフルバランス取り  
ピストン・コンロット等の重量合わせ 
シリンダー面研(圧縮比アップ)
バランサー撤去 
6速クロスミッション(ドリームクラフト製)

IMG_3811.JPG

DSC_1608.JPG

IMG_3464.JPG

IMG_3187.JPG
腰上
ハイリフト/作用角変更 カムシャフト
バルブシート内径拡大
ヘットハイフロー加工

IMG_3468.JPG

IMG_3666.JPG

IMG_3667.JPG

内部のコーティングメニューは、WPCコーティング及びDLCコーティング

※吸排気は、社外になります。 
 アールズギア ワイバーンマフラー
 YAMAMOTO RACING BIG THROTTLE 
IMG_3104.JPG

※専用のクリーナーBOXを作製
9495B4B9-89F3-4426-8547-EA3534D9F3AC.jpg

DSC_0109-74481.JPG

DSC_0121-57f66.JPG

※ECUは、MOTOJPチューニングとラピットバイクレーシングにて制御

※チェーンコンバート済 スリ―ド525SPR 17-39 

慣らしが終わったら パワーチェックとセッティングですね。

現在のフィーリングでは、
ラピッドバイクECUの燃量自動調整により街乗り付近楽しいセットになってます。
エンジンレスポンスは、過激! ( ◠‿◠ )

CB1300 SC54も継続販売して、17年近くなっています。
走行距離も10万キロオーバーの車両も増えてきてますので、エンジンリフレッシュメニューついでのフルバランス加工もあり(?_?)

・・・・・エンジン分解ついて・・・・・・
メリットとデメリットがあるメニューだと思います。
だからこそ重メンテナンスを減らすため、日常の点検やこまめなOIL交換や燃料添加洗浄剤での使用をお勧めします。

・・・・腰上・・・・・
OIL下がり(バルブステムシール) 
OIL上がり(ピストンOILリング張力が弱るやシリンダーの摩耗など)になって初めて腰上分解リフレッシュが良い時も多々あると思います。

・・・・腰下・・・・・
クランクメタルは、減っていないケースが多いです。
ドライブシャフトのシールOIL滲みがある程度。
ウォーターポンプのOIL漏れなど メカニカルシール摩耗などです。

私がいる NAPSベイサイド幸浦店では、変わったカスタム作業や方向性など、いろいろなご相談をいただくケースが多く
カスタム大好きオーナー様
バイクカスタムショップ様
他のバイク用品店様
オーナーズクラブ様
カスタムメーカー様
バイク雑誌様
などなど沢山。
ピットスタッフが足りない位⁉︎
いつも、オーナー様方々には、
お時間を頂き、感謝! (^^♪

今月は、修理ご依頼とカスタムのご依頼が多かったなと思います。

では、令和元年の幕開けです。
安全運転と健康管理 (^^)/ で楽しくバイクライフ!!
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 20:00| 神奈川 ☀| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

翼 計画 「カスタムは終わらない!!」第二部

以前までのお話は、
紙型
ダンボール型
試作1(ストレート形状) 
試作2(ストレート形状前方タイプ)
試作3(第一と第二ウイングの形状変更)
IMG_3472.JPG

今回は風を実際に当てての変化をテストするため
さらにこれで完成までもっていくために
IMG_3478.JPG

材質変更で作ります。
第1ウイング角度上面 迎角約15度
コアンダ効果も狙って反りをつけて
(加速時のフォーク伸び切り状態で考えて)
(通常時は、約22度)
更に前からの風を集めるようにしてエンド部にかかる圧差を考えました。

ウィング イメージ図.png
取り付けベースは、立体に取る為何枚ものシートで型を取ります。
IMG_3479.JPG

取り外しここから縦を削ります。
IMG_3480.JPG

バリバリと削ります。
IMG_3481.JPGIMG_3481.JPGIMG_3481.JPGIMG_3481.JPG
次は、ウィングの下側を作ります。剥離対策と揚力と強度を高めるため
結構複雑になってきたぁーーー。
揚力(ダウンホース来い!!)

IMG_3485.JPG
これに合わせて下側 縦翼を削ります。

IMG_3483.JPG
左右製作し

IMG_3484.JPG
第二ウイングも下側を盛り上げて取り付けしました。

IMG_3492.JPG
左右差 ほぼ一致してます。 角度もタレ角もばっちり!!

IMG_3489.JPGIMG_3490.JPG
第二縦翼は、角度を付けウイングレット効果とバンク時のダウンホースを狙って?!
スタイル重視です。(^^)/

IMG_3493.JPG
どのくらいの効果が期待できるかを計算する。( ..)φメモメモ
(単順に計算。)

L=CL/2 V2 S 

L/D比などは、難しいので・・・・・・
揚力係数がわからんぞ・・・(?_?)
参考資料を読み 寝不足。


「DUCATI V4R」は、
270km/h位で20Kg位のダウンホースを得てる?!
さすが、MOTOGPでいち早く着目したメーカー

単体の翼の実験、通常時、迎角を確認
IMG_3521.JPG
ベースに合わせる

IMG_3525.JPG

量り0gにセット
IMG_3527.JPG

第一ウイング上面に前方からエアーをスーと!! 当てます。
IMG_3529.JPG

すごい。風を(スーからスー―)に増やすと足場が持っていかれるし
gが上がってます。100g、150gと段々上がっています。(^^♪
そして足場が・・・・・"(-""-)"崩れる
IMG_3530.JPG
ウイング効果は、二乗に比例するし
時速100km/hでどの位になるのか楽しみです。

数値を入力すると計算できるソフト欲しいな・・・・・・(?_?)
予想 色々失う力を考えても、100km/hで2kgは、かかるのかな?!
ちなみに
プーチ製 翼の数値 CBR1000RRでは、
レーシングスピード300km/hで8Kgだ!! 
cbr1000rr プ―知.png
設置場所カウリング効果を考えても 私のワンオフは、
もっと高い数値を狙えてるはず!!

posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 13:24| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

2020年に向けて カスタムは終わらない!!! DUCATI749R

今回のネタは、カナード&ウイングレット
MOTOGPでは、当たり前になっているパーツですね。
現在のレギュレーションでは、アッパーカウルやサイドカウルと一体物に決められているようです。
市販車でもDUCATI V4Rが採用され、空力を大きく利用するようになりました。

IMG_3394.PNG
(DUCATIホームページから引用致しました。)
もはやドレスアップパーツでは、ありません。最新で斬新!!

以前私も付けてみましたが(2017年作)
ボディデザインとの一体感がなかったため 
採用をやめました。↓
IMG_0030.JPG

今年は、本気で空力を考え製作。(^^♪
試作を作り合わせてカッコよさやウイングレット形状 
カナード形状を考えて作りますよ。
製作中ですが、ベースが完了したのでここまでの報告いたします!!

まずは、紙でデザインを製作。
IMG_3384.JPG

IMG_3381.JPG

イメージを膨らませて 脳内ビジョンでは、
すでにカッコイイ!!と判定(^^♪
IMG_3380.JPG

段ボールでサイズや形状を作ります。
IMG_3385.JPG

試作1ウイング
IMG_3386.JPG

場所は、横に設置しました。空気の入りが弱いなと・・・・
IMG_3388.JPG

とりあえず試作を黒に塗装。(赤とカスタムカラーだな(?_?))
IMG_3423.JPG

試作2 位置を前方にして取り付け部も長くしました。
段ボールでサイズ感の調整を行います。
イメージは、ここで決まり。
IMG_3389.JPG

試作3個目のウィングは、空力理論をガン読みして寝不足です。(*´ω`*)
取り付け位置変更したバージョンを製作
カナード部(第一ウイングと名付け)
角度の調整や空気の入り角を決めます。
IMG_3396.JPGIMG_3395.JPG

揚力がどの様に働くか?
縦ウイングも重要だと思い・・・・
縦ウイングを後半に連れて大きく
IMG_3397.JPG

考えて上面に圧を強くし下面は、スムーズに流す形状にします。
IMG_3398.JPG

幅 長さも需要(見た目7割)
IMG_3405.JPG

ウイングレット部(第二ウイングと名付け)
巻き込み気流を考え
IMG_3422.JPG

左右対称が難しい。
IMG_3407.JPG
参考にDUCATIV4Rウイング F-1車両 ボーイング飛行機
GT500 GT300なども見ながら考えます。

最終的には、V4R形状に近くなりました!!
さすが、いち早くバイクに取り入れて実験をしているメーカーだと思います。

この後は、線香と糸を使い 風の流れを確認する実験し第一ウィングの細かい角度
縦ウィングと第二ウィングの角度を考えます。

試作4は、そのままFRP成型になるように考えます。 

ここから FRP成形⇒パテ⇒ボディ固定金具装着⇒グラフィック塗装で完成になります。
また進行しましたら報告致します。

形状/タレ角を間違えると揚力が多くなったり必要以上にフロントリフトしたり
 旋回中(高速バンク中)にフロント設置感がなくなったりスリップダウンしたり
 と危険です。しっかりと考えて製作や市販品の取り付けをいたしましょう。


現在では、プーチ製やKN企画(kosoの汎用)から販売しているモデルもごさいます。

napsでもプーチ製/KN企画(koso)は、注文可能です。

posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 17:52| 神奈川 ☔| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

カスタムドカティ制作プロジェクト!【ドカティ Monster821編】第二話

日本一のドカティ Monster821(stripe)を作る!?

走りだしたら(気持ちが)が止まらなくなった用品店スタッフが作るカスタムバイク制作ブログ!

今回は2015年式 ドカティ Monster821 stripeをカスタム

前回までは、

こちらを拝見くださいませ。

http://sachiura-naps.seesaa.net/article/461871502.html

では、今回取り付けた商品は、

ラジエターホース

DUCATI Performanceを使いました。

なんとラジエターホースでメジャーブランド「SAMCO」とのコラボ商品でした。(^O^)/

全体的に赤くなり躍動感が上がったと思います。

IMG_3052.JPG

オートシフターは、スマートホンでも簡単に調整可能なアイテム

点火信号か燃料信号をコントロールしてクラッチを切らずにシフトアップ出来るすぐれものです。

オートシフター.png

リアスプリングをHyperpro(コンスタントライジングレート)

IMG_3053.JPG

オーリンズが設定にあるのになぜ??Hyperproにしたか?!

まずは、私が感じた個人的な見解ですが・・・・・

821の開発コンセプト?!

気軽に・悪路でも・タンデムを想定して・ヨーロッパの日常生活の「足」として

両持ちスイングアームを選定したのも強靭さを求めた事だと思います。

たとえばDUCATIムルティストラーダ 1260 この違いを見て頂くと納得では?

新型ムルティストラーダ 1260 エンデューロ

悪路でも頑丈な足回り。

更にショック吸収性の高いスポークホイール。

悪路.png

そしてロードをメインにしているモデルだと片持ちキャストホイールです。

肩持ち.png

さて、DUCATI日本の市場は、シングルライダーで峠やストリート&サーキット走行です。

タンデムをするライダーは、少数だと思います。

更にはMonsterシリーズのリアショックアブソーバー取り付け方法です。

リンク式が良いのは、レプリカや大型車両で理解できると思いますが

Monsterでは、優先するのは、「美・スタイル!!

ショックアブソーバーをレイダウンダイレクトマウントにし

タイヤの空気圧を2.0キロ前後にし

サスペンションを車両全体で行う仕事率が多くしてしまっているな・・・・ 感じます。

Monster821は、シングルレートスプリングでタンデムを想定しているため

一人乗りで走行すると跳ねる、路面との接地感が少ない。路面からの振動が凄い。

信号ターンでも峠道でも「怖!!」と感じます。

Monsterシリーズを乗られているオーナー様方は、どう感じますか(?_?)


前置きが長くなりましたが、ここからが本題

私が提案した仕様のご紹介です。

まずは、「Hyperpro」の特徴コンスタントライジングレートの良さを活かすバネレートに変更

リアショックアブソーバー

ストローク始めの立ち上がりをソフトにし

トラクションを加えて行くとシッカリと踏ん張るバネレートをイメージしました。

バネその物でダンパー効果を得ることによりイニシャル調整をソフトに出来るメリットが

コンスタントライジングレートのメリットだと思います。

販売もとメーカーサイトは、アクティブ

hyperpro.png

http://www.acv.co.jp/hyperpro/01_spring.html


では、今後のカスタム報告をお楽しみに!!

posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 20:07| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

国内仕様最強のVFR1200F DCT を目指して!!

お盆が終わり沢山のメンテナンス需要も落ち着きを取り戻し 

ここからは、カスタムや実験などの作業がメインに(?_?)!!

昨日 私の「VFR1200FDCT」吸気パーツを加工してどの様な変化が出るのか実験/検証をおこないました。

手作り⁉︎ ハンドメイド.ワンオフの2段ファンネル 加工!!\(◎o◎)/!

手書き。(^^♪

IMG_2689.JPG

入口から30mm付近にOILとガソリン吹き返しが付いていたので乱流と

空気層の壁が出来ていると推測

 空気の貼りつきを防ぐためにペーパーがけとセカンドファンネル加工

IMG_2686.JPG

・・・・・・・体感結果・・・・・・ 

スロットル開け始めのモタツキが軽減  しっかりスッーとバイクが前に出ます。

低回転〜中回転域のエンジンレスポンスアップと伸びが良くなりました。良い加速になりました。

スロットル全開時(電スロにて95%に制限していますが・・・・・・)では、変化なし

エアクリーナー上部の面積が少ないのとエアクリーナーメインダクトサイズ不足

マフラーの排気制限センターパイプ 4-2-1 (触媒後内径44mm前後に絞っている為と考えられます。) 

集合方式 4-2-1

CB1300SF/SBでは、55mmパイプ  シングルサイレンサー 150Hp (AIR Box形状が・・・・)

集合方式 4-2-1

ZZR1400では、54mmパイプでツインサイレンサー  200Hp ラム過給無しでもこの馬力 

 集合方式 4-2-1-2

では、私がカスタムのきっかけになったネタを紹介致します。

ヨシムラのディアルスタックファンネルをカラーアルマイトしたTMR-MJNです。

IMG_2631.JPG

IMG_2578.JPGIMG_2576.JPG

FCR/TMRに追加で取り付けるとトルクアップや最高速時の伸び.トルクダウンも軽減したり

様々なメリットが有ります。

ここ最近は、BMW S1000RR  YAMAHA YZFR1などは、

電子制御デバイスで回転数やスロットル開度にてファンネル長を変更するシステムが採用されています。

ファンネルs1000rr.png yzf r1 ファンネル.png

SUZUKI GSXR1000Rでは、1-4シリンダーファンネルを二段階ファンネルを採用。

 gsxr1000r.png

Dual Stack  YOSHIMURAの解説を

ショートファンネル(高速回転域)とロングファンネル(低中速域回転域)の合体型である2段構造のDual Stackファンネルは、1番の特長として吸気効率の高さが上げられます。実際に単構造のファンネルよりも全回転域で上回りながらも、安定した、フラットな性能曲線を描くことができます。
又、その長さ、口径、ファンネル同士の間隔を変更する事により、様々なセッティングがマルチに可能となります。且つ、それぞれのファンネルがお互いに相乗効果をもたらす事により、それぞれ単体で使用する 場合に比べて+αの性能アップを果たします。(Dual Stackの仕組み参照)

Dual Stackファンネルは、ショートファンネルとロングファンネルのそれぞれの特長+αのパフォーマンスを発揮する仕組みになっています。
各ファンネルがそれぞれの領域のみで作用するのではなく、各ファンネルがお互いに+αの相乗効果をもたらすことによって、燃焼効率のアップ、つまり性能アップをもたらします。

低開度域の場合

  • 1stファンネル:2ndファンネルより吸入される整流された空気にプラスして、負圧の+αの吸気を補助します。それにより通常吸入する以上の空気を取り入れ燃焼する事が出来、低開度域での出力の向上につながります。
  • 2ndファンネル:メインファンネルとして作用し、整流された空気を吸入します。 
であるスタック1.png

全開域の場合

  • 1stファンネル:メインファンネルとして作用し、燃焼に必要な量の空気を素早く取り入れます。
  • 2ndファンネル:1stファンネルが吸入することによる負圧の関係で、整流された+αの吸気を補助。
    それにより通常吸入する以上の空気を取り入れ燃焼する事が出来、全開域での出力の向上につながります。
2であるスタック.png
物理的に作ってしまったヨシムラは、やっぱりスゴイ!!

可変ファンネルは、開発段階時は、RVF750レーサーに採用していたり
2004年には、ヤマハ R1が市販車採用していたりと・・・・・・・・・
開発費や車両販売コストを気にしなければスゴイ車両が出来ることでしょう。


明日は、ベイサイドマリーナの一時的に最終営業日(>_<)
是非、思い出の一枚を取ってきてください。 
IMG_1415.JPG






posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 21:43| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

暑いぜ! 熱いぜ! 夏のカスタム CB1000R ファーストステージ!!

暑い!! 今年は、本当に暑い。
昨日午前中に神奈川陸運支局に車検を行きました。
気温がなん40℃を超えてついに神奈川も記録を更新か!!。(+_+)

皆さん、快適ライディンググッツを沢山用意してますか?
当店も急ピッチで用意しましたがメーカーさんも欠品し始めました。
お早めに・・・・・・・\(~o~)/

HONDA CB1000R をご紹介しましょう!!
外装及びホイールをペイント
DSC_1281.jpg

DSC_1283.JPG
タンクは、一度剥離してヘアライン加工。
IMG_2429.JPG
チェーンは、EK
Threed(スリード)とは
BR>Design(デザイン)
3Dimention(立体的)
Dynamic(力強い動的)の3つの「D」を兼ね備えたチェーンの意。
2009年度グッドデザイン・中小企業長官賞受賞
DSC_1240.JPG
オリジナルフェンダーレスKIT!!
DSC_1239.JPG

熱対策コーナーのご紹介
IMG_2498.JPG

IMG_2499.JPG
IMG_2500.JPG
IMG_2501.JPG

IMG_2502.JPG
今後導入予定しているのは、
水を入れて使う冷却ベストです。
(お盆までに用意できるかが勝負ですね!!)

では、熱中症に気を付けて当店にお越しください。
冷房全開設定して営業しております。
(ピット内は、寒い(>_<))


posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 22:25| 神奈川 ☀| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

「VFR1200F DCT」国内仕様をフルパワー仕様に!! 

VFR1200F 輸出仕様のエキゾーストパイプを入手しまので、取り付け画像を公開します。
VFR1200F 国内の方には、素敵な情報?!かもしれませんよ(^^♪

HONDAが作る国内/輸出仕様は、ここまで変えているのがすごいぜ!HONDA!!

ご覧ください!
「国内最強のVFR1200F DCT制作記録」を!!!

さあ 分解だ。
外装から始まりタンク
ステップ
マフラーヒートシンク
マフラーの順にバラバラに 
IMG_0359.JPG

こんな感じになります。
IMG_0354.JPG

IMG_0356.JPG

これが国内仕様、エキパイが細いです。↓
パイプサイズは、22mm。250cc4気筒バイクのエキパイなみ
IMG_0364-ad0f7.JPG


輸出仕様は、こんな感じです。 ↓
等調エキパイに近づいている。
ハイプ径が太くなります。30mmは、確実にあります。
IMG_0363.JPG

比較するとわかりやすいです。
高回転時の排気がスムーズになりパワーアップが可能です。
(国内仕様だと7000rpmからパワー感を感じませんからね~(?_?))
IMG_0365.JPG

フロントパンクは、ウォーターラインが違うので、取り回しを変更です。
※同時にLLC交換が必要になります。
太くてカッコイイ!!
IMG_0369-91e3e.JPG

国内仕様がコチラ↓ エンジンサイズと比較しても細いですね。
IMG_0358.JPG

インテークは、エアクリーナーダクトとファンネルを交換します。
ECUは、「MOTOJP」にてプログラム変更します。
VFR1200FタイプSになる様なHONDA車的で、特性の味付けにしました。

以前のVFR1200のネタは、コチラ


つぎは、結果のパワーチェックをしてプログラムを煮詰めてと・・・・(^^♪

国内最強のVFR1200F DCTをつくるぞ!!
(軍資金が足りないけど・・・・・・・((+_+))
DSC_0043-188e1.JPG
これが現在の仕様です。 
IMG_0358.JPGIMG_0358.JPGIMG_0358.JPGIMG_0358.JPG
ラベル:HONDA VFR1200F ECU motojp DCT
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 15:55| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

モタード仕様カスタム 『WR450F !!』

2000年爆発的ヒットしたモタードカスタム!! 
現在、車両の販売をしているメーカーも少なく感じます。
全盛期の頃は、
「カスタムメニュー」
モタード化
ショートフェンダー取り付け
外装交換
アップタイプマフラーなど
雑誌に取材 撮影会もありました。・・・・・・・・( ..)φメモメモ

今回ご紹介する、WR450F
2014年位から構想を練り、各メーカー様と協力し
完成することが出来ました。
・・・・Spec・・・・
前後TTXオーリンズ (Produce by Gsense)
GSENSE.png
DSC_0330.JPG
DSC_0335.JPG_2.JPG
ステムは、YZ用オーリンズステアリングダンパー
DSC_0336.JPG_2.JPG

ホイールは、テクニクスのTGR type-R
テクニクス.png


ホイールペイントは、カドワキコーティング

カドワキコーティング.png
ロングツーリングにも対応するために
「BIGタンク」
「ゲルザブ」
「アルミフェンダーフレーム」
などカスタムを施しております。
DSC_0324.JPG
DSC_0326.JPG

機能美を追求しているスペシャルな一台になりました。

モタードカスタムは、カラーリングやステッカーチューンなども
おすすめのメニューです。(^O^)/


posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 20:18| 神奈川 ☁| カスタムメニュー | 更新情報をチェックする

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップスベイサイド幸浦店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:045-790-1175