2020年01月15日

排気効率を考えて!! DUCATI749R オリジナルマフラーを作るぞ!! 

前回からの続きです。
片持ちスイングアーム化に変更した結果以前のEXパイプが使えなくなったので
制作になってしまった・・・・
見た目も隙間があってカッコ悪いし・・・・・この際だ制作決意。

前からは、見えないので展示しました。毎年恒例!!\(◎o◎)/!
15DCE3B0-67BB-4C44-993F-727743FFB210.jpeg

飽きずにバイクを毎日眺めて色々と思案 (・・?
以前まで使用していたEXパイプをのぞいたら 煤も沢山
更には、排気バルブ直後にも煤が(>_<)
低回転時の流速が遅いのか!!!。

こんな感じだ↓
41FAB5A2-44A4-4C39-891E-FFFBE87384CD.jpeg
「パイプ径57mm」アイドリング時空燃費13.5 点火時期調整済み
・・・・・これ以上薄くするとエンジンスタート及び発進時にエンストする。
A/Fセンサーも20cm以内にセットしている
上のパイプが57mmパイプ
下のパイプは、45mmパイプ

25F9C063-FC6D-4143-A24E-3132386BA899.jpeg

以前使用していたEXパイプ(パイプ径45mm)を覗くと
煤が少なくパイプの肌も見えている。↓
6DFD7139-61CC-4B4B-A890-AAFF7E1824B2.jpeg
この時も燃調及び点火タイミングも調整している。 
(A/F測定は、センサー棒をサイレンサーに入れるタイプ)

自作するからこそ(^^♪
低回転時のトルクアップを求めて後半には、シッカリと排気脈動を
利用できるEXパイプが理想かな(?_?)。
徐々にパイプ径を太くする構造にする。45→54mmへ

イメージを沢山ふくらまして ワクワクと不安と(・へ・)入り混じる感情日々

まずは、必要な機材と部材だ
・・・・機材・・・・
TIG溶接機を用意。 いつも借りにいくのは、さすがに効率が悪いので
勉強だと思い購入してしまった。
カッコいい遮断面と革グローブを買う。
C41123EB-A0D3-40C6-A9B5-BF6B139257E0.jpeg

ノーマルの角度を測ります。(細いなーパイプ径(・・?))
5C803B87-78C4-4E06-8287-EAE8CC938696.jpeg

・・・・・部材・・・・・
ステンレスパイプ用意!! 
(パイプは、お買い求め安いので ネットでポチポチして。)
FC05C9D4-FD76-4721-B33D-849F8B5DDD8E.jpeg

45mm中間〜50mmに変更しサイレンサー差し込みは、54mm

今後の予定
ステージ1
各気筒サイレンサーまで一本でつなげる

ステージ2
制作後パワーチェックして結果を知り、
中間でバイパスパイプを設ける!!<(`^´)>

ステージ3
2-バイパス-2になるイメージに・・・・・・(?_?)
スロットル開度によってバイパスパイプの開閉があり
走行中に音質と出力特性が変化したほうがカッコいいから!!

なんとも長期戦になるカスタムを着手したな―と 悩む日々です。

今度のご紹介は、いつの日かφ(..)メモメモ  
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 21:51| 神奈川 ☀| オートバイ用品店として・・・ | 更新情報をチェックする

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップスベイサイド幸浦店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:045-790-1175