2018年12月18日

電熱ジャケットの特集です。気になる電気消費量!!とメーカーの考え方!!

ようやく冬らしい気温になってきました。
でも急に寒くなると やっぱり辛いですね。
でも最近のウィンタージャケットは、高機能なモデルが多くなり
年々進化を感じます。
2010年位から 出始めた 電熱ジャケットも 熟成期になり
熱線の処理や素材変更など断線しにくい構造に
電源スイッチもバイクの不安定な電圧に耐えれるような物になってきております。

今回 三社を独自に比較/検証してみます。

まずは、バイクのバッテリーのコンディションを確認します。
車両       NINJA H2 (^^♪ 素敵?!
IMG_3150.PNG
バッテリーサイズ TZ10S
充電完了電圧   13.12V
アイドリング電圧 14.13v〜14.39
IMG_3129.JPGIMG_3130.JPG
では、さっそく
アイドリング状態で測定。

コミネ製品 袖有りタイプ 熱源は、5ヶ所。
まずは、中身をチェック
インナー素材は、遠赤アルミ?! 
腕下の寸法は、長めです。ロング丈タイプ
アウターウェアとの相性は、中々良い。
電源部
IMG_3119.JPGIMG_3120.JPG
袖は、親指を入れることもできます。
IMG_3125.JPG

強モード 13.92V 4.4A  61W
IMG_3131.JPG


中モード 14.04V 4.4A〜2.7A(トリクル式制御) 61W〜37W
IMG_3132.JPG


弱モード 14.23V 3.2A〜1.7A(トリクル式制御) 45w〜24W
IMG_3133.JPG


ヒーテック製品 袖有りタイプ 熱源は、5ヶ所
インナー素材は、防風ナイロン?! 
腕下の寸法は、長め背中が長めのロング丈タイプ45CM〜50cm
アウターウェアとの相性は、中々良い。
IMG_3123.JPGIMG_3122.JPG
電源部/袖
IMG_3121.JPGIMG_3124.JPG


強モード 13.30V 3.8A  50W
IMG_3135.JPG


中モード 14.06V 2.9A〜1.6A(トリクル式制御) 40W〜22W
IMG_3136.JPG


弱モード 13.82V 1.3A〜0.9A(トリクル式制御) 17W〜12W
IMG_3139.JPG



RSタイチ製品 袖なしタイプ 熱源は、3ヶ所。
インナー素材は、防風ナイロン/綿 起毛タイプ
全体的に質感がよい。?! 
腕下の寸法は、短めのショート丈タイプ
アウターウェアとの相性は、ジャケットを選びますが・・・・
IMG_3141.JPG
IMG_3144.JPG
IMG_3143.JPG

強モード 14.25V 1.25A  17W
IMG_3147.JPG


中モード 14.29V 0.7A  10W
IMG_3146.JPG


弱モード 14.30V 0.5A  7W
IMG_3148.JPG

一般バイクのヘットライトがH4バルブだと
55W/60Wですから 電熱ジャケットを使う場合は、何らかの対策をしていても
良いかもしれませんね。

緊急バッテリーあがりを防ぐ手段と対策

保険のレッカー契約
ライトの低電力化
バッテリー新品(信頼のあるブランド!!)
充電系の点検/交換(最近よく交換依頼が増えてます。)

検証結果の感想は、
3社とも良くできています。
電源部がよかったり
メーカーのアフターがしっかりしている?!
コスパが優れていたり
コントロール性が良かったりと
選ぶ方も普段の使用用途をキチンと把握してから購入を!!

私が選ぶのは、コミネ製 
コスパ 機能 アウタージャケットとの相性で
(参考までにアウタージャケットは、ベルスタッフのロング丈タイプ
とにかく袖に熱源がほしいから。)

これからが寒い時期です。 
体の冷えは、様々な事故/風邪の原因にもなりますから
対策して損は無!!(^^)/ 

今日は、緊急ブログアップでした。



posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 14:40| 神奈川 ☀| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップスベイサイド幸浦店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:045-790-1175