2011年08月24日

測定動画有!FUCHSパワーベンチのご紹介

2008年12月のオープン以来、さまざまな場面で登場している当店PIT脇にあるシャーシダイナモが「FUCHSパワーベンチ」です。

本日は、こちらのFUCHSパワーベンチについてご説明いたします。

こちらのシステムは、ダイナモ上に車両を固定し、後輪でローラーを回転させ、その車両のパワーなどを測定します。
測定するメカニックのアクセルの開け方に関係なく、ほぼ誤差の無いパワーチェックが可能です。
また、専用のセンサーを装着することにより、空燃比の測定も可能です。

まずはこちらのパワーチェックの動画をご覧ください。
車両は2009年のV-MAX(EUフルパワー)
エキパイとインジェクションコントローラーが変更されています。




すごい迫力ですよね!
まぁ、こんなバケモノバイクを公道で全開セッティングなんてやったら、命と免許がいくつあっても足りないですからね。

1.jpg

測定結果はこんな感じでモニターに表示されます。
ちなみに青いグラフが納車時に測定した完全STD状態。
そして赤いグラフが今回測定した燃調をいじくった状態です。

2.jpg

おおお 実測で202馬力!!(クランクシャフト換算)
STD状態に比べて34馬力もアップしております。

ちなみに測定できるポイントは4か所。
クランクシャフト、ギアボックス、リアアクスル、タイヤとローラー間となります。
もちろんパワーを伝達する間にロス馬力が出ますので、どの部分で大きくパワーをロスしているかを知ることも可能です。
実際、古いチェーン+スプロケットを全て新品にするだけで、路面への伝達パワーが5〜10馬力向上することも珍しくありません。
また、コンディションの悪い駆動系の車両を測定すると、グラフがギザギザになったりします。
これは、駆動系のパワーロスが悪影響を与えていることを証明してくれます。

測定結果はこうやってプリントアウトしてお渡しできるほか、パワーチェックルームのPCに保存もされますので、なにかモディファイを行った際の比較にもご利用いただけます。

3.jpg

気になる測定料金は…

上記の通常測定が¥3150
空燃比測定込みで¥5250
各回転数でのレスポンス測定まで含めると¥7350となります。

「オレのバイクって何馬力ぐらいあるのかな?」ぐらいの測定なら、¥3150コースで十分です。
マフラーやキャブ、インジェクションなどをいじり、現在のセッティングの状態をチェックしたい場合は迷わず空燃比測定¥5250コースがオススメです。
各回転ごとのリアルタイムな空燃比がグラフ化され、ベストセッティングの近道となります。

また、どうセッティングしてもパワー特性に「谷」が現れることがあります。
そんな際に有効なのが三番目の「レスポンス測定」です。(¥7350)
パワーの谷付近で念入りに測定し、原因を突き止めます。

パワー測定可能な車両は、4ストローク200cc以上のマニュアルミッション車に限らせていただきます。(対象車でも、物理的にダイナモに乗せられない車両も不可です…)

当店自慢の「FUCHSパワーベンチ」で愛車のコンディションを診断してみたい方は、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。
事前にお電話いただければ測定のご予約も承ります!
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 13:32| 神奈川 ☁| 商品紹介 | 更新情報をチェックする
※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

<ナップスからのお知らせ>

バイク用ETC の取り付けは、バイクならではの事例を多く持ち、使用中の安全性を重視した取り付けを行うナップスへ!