2017年11月23日

始まる「冬のSUPER SALE」 イベント開催マフラーメーカー2社の紹介!!

今日の紹介は、CBR250RR ネタです。
cbr250rr.png
cbr250rr honda.png
各メーカーから様々なパーツが発表し始めカスタムを楽しむバイクへと発展しております。
NAPSで制作中しているデモ車
cbr250rr 戸田.png
NAPS各店舗でも わくわくする商材を探しております。

当店では、「SALEイベント」に BEET JAPAN 様 / TRICKSTER 様 に
協力して頂き 店舗にて応援販売をお願いしました。
では、2社のマフラーをご覧ください。

TRICKSTER    12月3日 来店
cbr250rr いかづち.png

BEET JAPAN   12月17日 来店
beet japan cbr2500rr.png
青ノーマルマフラー
赤カスタムマフラー BEET製
beet japan cbr2500rr.01png.png

ここからは、幸浦店ならでは、のご紹介ですよ!!
cbr250rr  naps.png
まずは、パワーチェックルームでの一枚(^O^)/パシャリ!!

当店と協力関係のSHOP

(Moto JP様のブログを抜粋)

ついに新型CBR250RR MC51 ECUチューニング開始となりました♪
国内仕様、インドネシア仕様、HRCレースECU全て対応可能となっております。

★新型CBR250RR MC51 国内仕様 ECU Tuning★

<<ECUチューニング項目>>
・180km/hスピードリミッター解除 (国内仕様/インドネシア仕様)
・電子スロットルマップ変更 (SPORT+/SPORT/COMFORT)
・電子スロットル制限解除
・点火タイミング最適化
・燃料マップ変更
・レブリミット変更
・O2センサー/クローズドループ無効化

インドネシア仕様、国内仕様共にスピードリミッターが装備されており、180km/h付近で燃料カットが徐々に入ってきます...

しかも、このタイプのスピードリミッターは、
予め設定されたスピードリミット下限値(178-180km/h)を下回らないと、
アクセルを煽ってもアクセル入力操作に対してスロットル一切反応しないような挙動を示す為、
速度が下限値まで下がっている間はスロットルが全く付いてこなくなります...
この車両のポテンシャルだと、大きなサーキットでは確実にリミッターにヒットしてしまいますので、
サーキット走行の車両には180km/hスピードリミッターが無い方が遥かに安全ですビックリマーク

更に、この型式からスロットルバイワイヤになりましたグッド!
ユーザーはSPORT+/SPORT/COMFORTと異なる3種類のライディングモードを選択できるようになり
、シーンに合わせた乗り方が可能となりました。
しかし、この車両には電子スロットルならではのパワー制限が存在し、
日本仕様・インドネシア仕様においては現代の多くのリッターSSのように、
アクセル全開時に実際のスロットルバルブが全開にならないスロットル開度制限が存在します。
 moto jp01.png

国内仕様では4,500rpm以下や12,500rpm以上の回転域において、
スロットル開度制限が介入しパワーが制限されます。
※HRCレース用ECUは元からスロットル制限が存在しておりません


各種制限などを取り除くことで、大幅な馬力アップが可能となります。
※青線:ECUチューニング済みECU+フルノーマル車両
※赤線:純正ECU+フルノーマル車両

cbr250rr  naps..png

どうでしたか・・・・・・(^O^)/ さすがNAPSベイサイド幸浦店?!
様々なSHOPとも繋がりがあるのが当店の特徴だ!!\(^o^)/ 
先日もレースSHOPとパワーの話や燃料MAPのお話で談話し交流しております。

是非マフラー交換や交換後のリセッティング際には、当店にご相談くださいね。
FIモデルでもキャブレタ―でも対応できます。
(預かり作業になりますので事前相談<(_ _)>)
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 09:00| 神奈川 ☔| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

明日から冬のスーパーセールです!

明日から冬のスーパーセールを開催します!

イベント盛りだくさんですが、11月23日ナップスベイサイド幸浦店のイベント第1弾は...

大阪のオンロードバイク外装パーツメーカー「モトアヘッド」のフォルスデザイン!
IMG_2140.JPG


レーサー御用達!三重のスクリーンメーカー「アクリポイント」!
IMG_2136.JPG


ちょっとだけ不良、スタイリッシュな悪さがコンセプト!ハーレー乗りから
絶大な信頼を得ている「モーターステージ」!
IMG_2138.JPG


バイクカスタム交換パーツを販売し続けて50年!グリップなら任せろ!「アルキャンハンズ」!
IMG_2139.JPG

普段は店頭に置いていない商品を展示、販売します!

なんとイベント当日に限り、上記4メーカー定価より10%OFFです!

ネットショップとは違い、実際に手にとって見ることができますので是非足をお運び下さい!


posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 19:44| 神奈川 ☁| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

SP忠男マフラーは何が”気持ちイー!”のか

秋の長雨もひと段落!?

絶好のツーリング日和ですが気温はぐっと下がって朝晩は冬装備必須です。
人気メーカーのウィンターウェア、電熱系は早速メーカー欠品がで始めています。
皆さんお買い逃しなく。

個人的にはバイクに関しては不便が大好き消耗品担当です。
本日は担当違いですがマフラーのウンチクを。

IMG_2094.JPG

なぜSP忠男なのか・・・

sp01.png
”気持ちイー!”

以上。

ではなく、気持ち良い理由ですね。
興味のあるライダーはお付き合い下さい。

忠男さんのマフラーの凄いところは、
マフラー交換のみでノーマル車両より乗りやすくなるのです。

ほどほどに”気持ちイー!”音量

加速したいときにはどこからもストレスなくつながる”気持ちイー!”吹けあがり

ラフなアクセルに対しても”気持ちイー!”安心感

そして交換されたライダー、特にビッグバイクにお乗りの皆様から
いただくご意見として、

低速でのギクシャク感が改善して”気持ちイー!”
のだそうです。

これはまさにSP忠男マジック

私も何度か試乗の機会をいただき乗り比べてわかったことがあります。

私が感じた一番の凄さは「わざとダルさをつくっている」こと。

そのわずかなダルさが、全体として穏やかながら俊敏なレスポンスを生み出し、
常用域でストレスなくノーマルを超える”気持ちイー!”を作り出しているように思います。

一定開度を保ちたいときやわずかなアクセルの開閉にはダルく反応し、
グッと、もしくはドンっとあけると穏やかに、しかし力強く反応します。

ノーマル以上にトルクを感じさせながら、しっかりと加速し吹けあがります。
常用域はもちろんレブまではノーマル以上に伸びていきます。

ノーマルよりも一速上のギアで走れて、
ノーマルよりも低回転からしっかりと加速できます。

ノーマルレブを超えての回転や数字的な話、俊敏なレスポンスでは
他メーカーには及ばないかもしれません。

しかしSP忠男マフラーは、
FI化と排ガス規制がもたらしたギクシャク感と
不自然なレスポンスに大して抜群に効果あり!!

レスポンスやパワーを重視したマフラーの場合、このギクシャクとカーブの谷を消すのが難しく、
サブコンや書き換えといったことが必要になってきてしまうこともあります。
忠男さんはマフラー交換だけでOK。


もしあなたが


「あけはじめでギクシャクしなくなった」


「低速でも安心して走れる」


「アクセルオフにしたときの唐突な回転の落ち込みがなくなった」


「立ちゴケしなくて済んだ」


「頻繁にシフトチェンジするのが面倒くさい」


「ノーマルより悪化するところがあるとか許せない」


これらの性能をお求めならSP忠男マフラーで決まりです!!


「マフラー変えたらやっぱり燃調もしないといけないの?」


しなくて大丈夫です!!


レッツ

”気持ちイー!”



忠男さんの開発奮闘記も面白いのでぜひご覧下さい。

気になった皆さんはぜひナップス ベイサイド幸浦店へ!

今回はご用意いただいている車両は、

ヤマハ MT-09
mt09 01.png
ヤマハ シグナスX

DUCATI スクランブラー

カワサキ NINJA250

4車種となります

ぜひお立ち寄り下さい!


posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 22:57| 神奈川 ☔| 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

「ECU tuning」 HONDA VFR1200F DCT 国内仕様

今回のネタは、ECUtuningです。
IMG_0353.JPG
既に国内仕様をチューニングし147HPまでアップさせております。

純正のプログラムでは、どうしても機敏に走らない。
気が付くと速度が乗っているVFR1200F。
GSX1300R/ZX14Rなどと比較しても ダルイと感じてしまうのです。(・へ・)

純正プログラムでは111HPでしたので、なんと36HPアップです!!

・・・・・・変更内容・・・・・・・
スロットルバイワイヤー開閉度/回転数開度の変更
IMG_0123.JPG
点火時期MAPの変更
IMG_0194.JPG
燃料増加量MAPの変更
IMG_0195.JPG
速度制限を390km/hに変更
レブ回転数の変更
そのほかにも細かい事をしておりますが・・・・
このバイクの特徴(DCTシステム)を生かした
トルクアップとVテックのような加速フィーリングになっております。\(^o^)/

速度リミッター解除とレブ回転数の変更の動画です。 見てね(^O^)/



現在発売している バイクは、本当に性能を発揮しているのか?!
(バイクを所有オーナー様達どう思います?!(?_?))

当店ならではのパワーチェックで、色々な結果/カスタム仕様を測定できます。
本来バイクの持つ、エンジンポテンシャルの6割位しか出していないがノーマルなのでは?!


現行車のバイクも、まだまだ 楽しめます♪
エンジンパワー 足回りのセッティングなど色々試してみてくださいね。(^^♪
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 20:48| 神奈川 ☔| 業界ネタ | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

「ロードライダー誌」最速伝説表紙を飾った「Ninja H2」今!!

ここ最近更新を頻繁にしている 私。
今まで沢山のご依頼を頂き、多忙な日々を過ごしておりました。
四季の変化に敏感なバイク業界
少し時間ができ始めたので、今まで溜めたネタを書き込み致します。

「ロードライダー誌」最速伝説に掲載したH2

IMG_0476.JPG
今年初めにH2で当店は、トップページを飾ることが出来ました。
お客様と一緒になり制作した「Ninja H2」 も、話題ともに成長し
「ニンジャh2の聖地」を目指しカスタマイズ。
そして今回も聖地らしいパーツ
日本初?! インタークーラーKIT(強制風冷却システム)
を取り付け致しました。

過給機エンジンの欠点は、加圧した空気が暖かい(熱い)ことです。
サージタンク内(過給後)温度は、走行中は、65度以上にもなります。
通常の外気温でしたら夏でも、38℃前後ですよね。
熱い空気は、様々な出力低下を招きますから(^_^)/。
ここに着目した海外のカスタマーの方 素敵です。
カスタムスピリッツの高さに感謝!!

それでは、ご覧くださいませ。
インタークーラーKITの全貌です。


1.ラジエターの前につけるインタークーラー冷却ラジエター
2.LLC循環するのポンプ
3.クーラー付アルミブロック削りだしのサージタンク!!
IMG_0427.JPG
IMG_0428.JPG

空気をコアに誘導する板ですが、アルミをブロック削りだしです。
IMG_0429-35d1e.JPG
冷却水を回すタンクも削りたし なんと取り付けネジ部まで!(^^)!
IMG_0430.JPG
ノーマルサージタンク
IMG_0431.JPG
タンク内
IMG_0432.JPG
設置する。

IMG_0473.JPG

IMG_0436-2e5ec.JPG
このkitを制作した方の紹介 動画です。

ブローオフバルブも取り付けをしましたので
今後の更新動画を作りご紹介いたします。
お楽しみに!!

ちなみに価格は、海外物ですので
55万位と・・・・・・・・・・・・納期は、ロット生産だそうです。

当店と協力関係の ECU tuning Shop 「協力店 Moto JP 」(^_^)/
posted by ナップス ベイサイド幸浦店スタッフ at 18:40| 神奈川 ☔| デモ車更新 | 更新情報をチェックする
※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

<ナップスからのお知らせ>

バイク用ETC の取り付けは、バイクならではの事例を多く持ち、使用中の安全性を重視した取り付けを行うナップスへ!